多頭飼いをしたい!

更新日:

多頭飼い
「一匹ではかわいそうだから友達をつくってあげたくて・・・」
「いろいろな種類の犬を飼ってみたくて・・・」
などの思いから多頭飼いをする飼い主さんもいますよね。



多頭飼いのメリットとしては、留守番の時にさみしい思いをしなくてすむ、遊び相手ができ走り回るようになってダイエットになる、先住犬の真似をするから2頭目はしつけが楽などがあげられます。

でも、新しい仲間が増えることは先住犬にとっては大事件!必ずしも先住犬と新しい犬がうまくいくとは限りません。犬だって相性がありますから。

多頭飼いをあきらめたほうがいいケースもあります

多頭飼いをあきらめたほうがいいケース

愛情要求が強い犬の場合

飼い主さんの愛情が自分にだけ注がれていたのが、ある日から半分になったら・・・。ヤキモチを焼いたり逆にさびしさを感じるようになるかもしれません。

高齢犬の場合

環境の変化についていけず具合が悪くなってしまうことも。新しくきた犬が子犬だと体力がちがうので、高齢犬は疲れてしまいます。

しつけができていない

犬は社会性を持っているので、新しくきた犬が先住犬の真似をすることがありあmす。先住犬のしつけができていないと新しい犬のしつけもむずかしいかもしれません。

また犬同士が序列を巡ってケンカをしたりもします。序列に神経質になるあまり、脱毛を起こしたり、攻撃的になったりするケースもあります。

同居が得意な犬、苦手な犬がいます

【同居が苦手な犬】

コミュニケーションの方法がわからない

子犬の時に母犬からいろいろなことを教えてもらえなかった、あるいは他の犬と遊ぶ機会がなかった犬はコミュニケーション方法がわからず、新しい犬がこわいだけの存在になるかもしれません。攻撃したり、体調を崩す可能性があります。

序列にこだわる

個体差がありますが、気の強い犬種は序列がつくまでケンカを繰り返すことも。相手の犬がおとなしく序列にあまりこだわらないようであればいいのですが、同じような性格だとするとむずかしいかもしれません。

例えばテリア系の犬は番犬やネズミ捕りなどの仕事をするために改良されてきた犬です。攻撃性をあえて伸ばすようにしてきているので同居にはあまり向きません。

【同居が得意な犬】

人だけでなくどんな犬に対してもフレンドリーに付き合える犬は攻撃性も低いので同居してもストレスが少なくてすみます。パグやフレンチブルドッグなどは多頭飼いに向いています。
フレンチブルドッグ
また序列を気にしないおっとりしたタイプの大型犬もトラブルが少ないです。ゴールデンレトリーバーやラブラドールレトリーバーなどがあげられます。

犬好きな犬かどうかは普段の様子からもわかります。

・散歩中に他の犬とであっても吠えたり、怖がったりしない
・ドッグランで他の犬と仲良く遊べる
・マウンティングをあまりしない(マウンティングとは犬が他の犬に抱きつき、腰を押し付ける行為。相手に自分の強さを示したい、所有したいという気持ちのあらわれなのだそう。犬だけでなく、人間やぬいぐるみなどに対してすることもあります)

衝突しがちな組み合わせは避けましょう

犬の多頭飼い

  • 年齢
    1頭目が3歳以上の成犬で2頭目が幼犬なら序列もつきやすいのでうまくいきます。ただ6歳上になってしまうと高齢期にさしかかってしまうのでタイミングを逃さないように。
  • 性別
    メス同士はケンカが少ないです。あるいはオスとメスでもいいでしょう。オス同士を飼うのであれば去勢したほうがいいです。
  • 体格
    小型犬と大型犬だと序列がつきやすいのでOK。1頭目が大型犬で2頭目が小型犬がベスト。でももし2頭目に大型犬を飼うならおおらかな性格の犬にしましょう。

準備期間が必要です

家の中は先住犬の縄張り。そこへいきなり知らない犬が入ってくれば争いになりますよね。まずはにおいで自己紹介をさせます。

2頭目が成犬の場合はケージの柵越しににおいをかがせてあいさつ。そしてケージを外していっしょに遊ばせてみましょう。お尻のにおいをかぎあってお互いのことを知ろうとするでしょう。飼う予定の犬を数日間預かって様子を見てもいいですね。

2頭目が子犬の場合は、子犬が使っているタオルなどを借り、数日間家に置いておきます。先住犬ははじめのうちは気になってにおいをかぎますが、だんだん慣れてくるようになります。

子犬をケージにいれたまま家に迎えいれましょう。先住犬はすでに知っているにおいの犬ですし、子犬も新しい場所に自分のにおいのものがあることで安心します。

先住犬の縄張りの中であっても二匹が仲良く遊ぶようになれば、お互いに認めあっているといえますね。

居場所は別々に

犬を2匹飼う
2匹がずっとじゃれあって楽しそうに遊んでいたり、くっついて寝ていたり・・・可愛くて癒やされますね。

でも、犬もひとりで静かに過ごしたいときもあります。

仲良しであっても運動が大好きな犬と、運動があまり好きではない犬がず~っと遊び続けるのは無理がありますしストレスにもなります。

犬それぞれに居場所を作ってあげましょう。できればお互いが見えない位置にサークルを置きます。サークルの中にはクレートとトイレシートを。ひとつの部屋の中に2つのサークルを置く場合は間仕切りを利用するのがおすすめ。ケンカした時などお互い冷静になるためにも必要です。

上下関係を尊重する

序列を見極めることが大切です。

最初は先住犬が優位で新しくきた犬が劣位になることが多いです。でも成長などで順番が逆になる場合があります。飼い主さんはどちらが優位なのか見極め、それに従わなければなりません。

犬の序列は飼い主さんが決めることではありません。あくまでも犬同士にまかせましょう。

犬の序列は簡単にわかります。

2頭を呼び寄せてなでようとしてください。優位の犬の方はがんがんアピールしてきます。劣位の犬を押しのけて前に前に出てきます。一方劣位のほうは少し控えめです。

劣位の犬がかわいそうとかばったりすると犬も混乱しますし、序列が乱れてストレスになります。

食事の時間

劣位の犬の前で優位の犬にエサを与える。そのあと劣位の犬に。

叱る

優位の見ている前で劣位を叱る。優位を叱るときは劣位の見ていないところで。

なでる

まずは優位をなで、その後劣位を。

玄関を出る

まず飼い主、そして優位、最後に劣位の順番ででます。

全てにおいて飼い主さんが優位の犬を優先させます。そうすることで優位の犬は喜びますし、劣位の犬は自分は後なんだということを再確認して、2匹の関係がうまくいきます。

この順番はよりよい群れを作るための本能からできたものです。劣位だからかわいそうということはないので勘違いしないでくださいね。

序列が変わる時がある

子犬だった犬が成長して体格が良くなったり、先住犬が歳をとったりした時に序列が逆転することがあります。強いものが群れをまとめるという本能的な行動なので心配はいりません。そして人間もそれにあわせて行動をしなければいけません

優位だった犬が活発に遊ばなくなりおとなしくなってきた、劣位が優先される時があっても優位の犬が許すようになってきた、劣位が先におやつやエサを食べるようになったなどのサインがあったらもうすぐ世代交代かもしれません。

たまには別々に愛情を注ぐ

犬の中にも、とても嫉妬深い犬がいます。優位であっても劣位の犬が可愛がられていたらヤキモチを焼きますし、自分だけに愛情が注がれないと不満だらけで下痢をしたり、粗相をしたりする犬もいます。

劣位の犬も常に優位の犬に気を使って思う存分甘えられないので、愛情不足でストレスを抱えているかもしれません。

別々に散歩に連れて行く、他の部屋で1頭ずつ遊ぶなど1対1の時間を作ってあげましょう。

犬以外の動物といっしょに飼うときは?

猫
犬と猫は仲良くはできますが、猫が1人になれるような場所も用意しましょう。犬が登れない高い場所がいいですね。

我が家ではミニチュアダックスを飼っています。そこへのら猫(迷い猫?)も来ていっしょに飼っていましたが、徐々に仲良くなっていった感じです。はじめの頃は猫が犬に近づかなかったのですが、そのうち犬のサークルに自ら入りいっしょに寝るようになりました。猫はその後死んでしまいましたがなんともかわいらしい光景でした。

小動物

うさぎ
うさぎの場合は、うさぎが先にいて、後から犬を飼うのであればそれほど問題は起こらないと言われています。ただうさぎを後から飼うときはうさぎが慣れるまで時間がかかります。

ふだんおっとりしているような犬でも何かの拍子に狩猟本能のスイッチが入ってしまうことがあります。遊ばせているときは目をはなさないでくださいね。

とり

鳥
鳥かごから出さないほうが安心です。犬がジャンプしても届かない位置に鳥かごを置くようにしましょう。とくにセッターやポインターは鳥猟犬だった犬なので攻撃してしまうこともあります。

多頭飼いはよく考えてからにして!

多頭飼いは楽しいことはたしかですが、エサ代や病院代なども多くかかりますし、十分な愛情を注ぐために時間的余裕も必要です。また災害時に避難生活をしなければならないかもしれません。

多頭飼いをするときはそこまで考えてくださいね。




-しつけ

Copyright© 【いぬなび】犬のための総合情報サイト , 2017 AllRights Reserved.