犬がエサを食べてくれないけど大丈夫?

更新日:

愛犬がいつもガツガツすごい勢いでエサを食べていたのに、急に食べなくなったら「あれ?!」っと思いますよね。どうしたんだろう、病気なのかな?と心配になると思います。

犬がエサを食べてくれない

犬の食欲低下の原因はいろいろ。

大きな病気のサインかもしれません。でもときどき健康な犬でも食べなくなることがあります。

病気の可能性

口の中の異常

口に中のキズや口内炎、口唇炎、虫歯、歯周病などのために食べにくいのかもしれません。

発熱

発熱の原因は感染症や熱中症、膀胱炎、中毒、打撲などいろいろあります。

肝臓の病気

肝炎(下痢や嘔吐を繰り返します)や肝硬変(体重が落ち、黄疸症状がでることも)

心臓病

心不全(せきが出たり、下痢や便秘などの症状がでることも)や僧帽弁閉鎖不全症(せきや息切れを起こします)

腎臓病

腎不全(嘔吐や下痢、多飲多尿の症状がでます)や腎盂腎炎(発熱や嘔吐、多飲多尿などの症状がでます)

消化器系の問題

おなかを壊して胃腸の働きが弱っているのかもしれません。下痢や嘔吐をしているときは無理に食べさせないほうがいいです。胃腸を休ませてあげることで良くなることも。ただ脱水症状にならないように水だけはしっかり飲ませます。

食欲がないだけでなく、元気もない、体重が減っている、下痢や嘔吐の症状がある、熱があるなどの症状もみられれば病院へ急ぎましょう。

病気以外の原因

犬がエサを食べてくれない

激しい運動などで疲れている

適度な散歩はおなかを空かせますが、あまりにも激しい運動をするなどして疲れてしまうと、一時的に食欲が落ちることがあります。無理に食べさせなくても大丈夫。まずはゆっくり休ませてあげましょう。

発情期

オス犬は発情期のときにメス犬のことで頭がいっぱいになってしまうことがあります。食事ものどを通らない状態に。またメス犬は発情前期に1週間ほど出血が続き、そのあと本格的な発情期が始まります。やはり一時的に食欲が落ちる犬も。

ストレス

番犬が知らない人の前でエサを食べなかったり、ペットホテルに預けられた犬が数日食べなかったりすることはよくあります。また散歩に連れていけないなど、短調な毎日に飽き飽きしてエサに興味が持てなくなることもあるようです。

妊娠中

妊娠3週目くらいに食欲がなくなったり、嘔吐したりすることがあります。人間と同じようにつわりがあるんですね。その時期がすぎればまた食欲は戻りますが、出産直前はまた落ちます。

贅沢になった

人間の食べ物を与えてしまうとおいしい味をしめ、ドッグフードを食べなくなることがあります。

またシーズーはプライドが高い子が多いのか、おなかが空いても「こんなエサいらない!」と食べないことも。おなかが空きすぎて胃液を吐いてしまうのに食べないということもあるようです。

トイプードルも偏食や少食の子が多いです。

ドッグフードを食べないからと言って人間の食べ物をあげたりしてはいけません。我慢すればおいしいものをもらえると学習してしまい、ドッグフードを一切食べなくなってしまうかも。

いつもどおりエサを出し、もし食べなくても30分後には片付けてしまいましょう。

どうしてもおなかが空けば食べます。犬は2~3日食べなくても問題ないので、ここは飼い主さんと愛犬の根比べですね。

ただ、病気で食べないケースもありますから、まずは病院で検査をして健康である、ただわがままを言っているだけであるということを確認してからにしましょう。

おやつの与えすぎ

おやつの食べ過ぎで食事の時間におなかが空いていないのかもしれません。こっそり家族の誰かがおやつをあげたのかも。屋外で飼っている場合、近所のこどもたちが無断でエサをあげていたなんてケースも。

おやつばかりでは栄養バランスがくずれてしまうので、必ず食事中心にしてください。

フードの酸化、または合わない

フードの酸化
フードには酸化防止剤や保存料が入っていますが、それでも長期間空気や光にあたっていれば酸化してしまいます。酸化するとにおいがきつくなり、犬も危険なことをわかって食べなくなります。

おなかが空いて思わず食べてしまった時は下痢や嘔吐することがあります。

フードを酸化させないためには早めに使い切ることが大事。割高ですが、少量パックならいつでも新鮮なものを与えられるのでオススメです。保管する時もジッパー付きの袋にいれ、夏場なら冷蔵庫に入れましょう。

犬も人間と同じで好みがあるようでどうしても食べないフードもあるようです。サンプルなどをもらって試して見るのもいいかもしれません。

「犬は毎日同じエサで飽きないのかな?かわいそう」という思いで度々フードの種類を変える飼い主さんもいますね。結論からいうと犬は飽きないのだとか。でもずっと同じフードを与え続けるとアレルギーを発症してしまうこともあるので、たまには変えたほうがいいとも言われています。

犬がアレルギーになる原因はフードにあり

アレルギーの原因になるのは、フードに入っている穀物です。とうもろこし、小麦、大麦などがカサを増やすために使われているものが多く、ずっと摂ることでアレルギーを起こしやすくなります。

穀物を使っていない、良質な動物性タンパク+野菜配合のドッグフードをランキングで紹介していますので参考にしてみてください。
>>【無添加のドッグフードランキング】ベスト3はコチラ

フードの切り替えは一気に行わないでください。今までのものに新しいものを少しずつ混ぜて、徐々に切り替えていきます。10日~1ヶ月くらいかけるのが理想。

ナチュラルフードは薄味にできているので、いっぺんに切り替えると食べなくなる可能性もあります。でも切り替えに時間をかければ大丈夫です。

フード以外の原因は?

エサが置きっぱなし

エサがずっと置いてある状態では、食欲中枢が刺激されっぱなしになってしまいます。食事に関してかえって鈍感になったり興味を失ったりします。食べないと心配かもしれませんが、30分したら片付けてしまいましょう。

老化

人間と同じで歳をとると食事の量が減ります。そしてパサパサのものが苦手になったりするので、フードをお湯やミルクなどでふやかしてあげましょう。

犬はにおいを確認してから食べるのですが、老化のために嗅覚も衰えているのかもしれません。においがわからず食欲がわかないということも考えられます。少し温めて出してみましょう。温めることでにおいが強くなります。

夏バテ

人間も夏場は食欲が落ちますよね。犬も春や秋に比べると夏の食事量は20%ほど少なくなります。

夏バテで全然食べないときはチキンスープがおすすめ。アミノ酸を補給できます。

夏バテで食べない時のチキンスープレシピ

作り方は簡単。
まず鶏肉を湯がきます。
そして鍋に鶏肉がかぶるくらいの水をいれコトコト30分煮込みます。
灰汁(アク)をとって、ザルでこせば出来上がりです。

いっしょに野菜を煮込んでもおいしそうですよね。ただ調味料などで味付けはしないでください。

濃く作って製氷皿で凍らせるのも便利です。そのままおやつとして与えたり、お湯で溶かして与えることもできます。必ず人肌に冷ましてからあげてくださいね。

チキンスープだけ飲ませても水分と栄養補給ができますし、フードにかけてあげても食欲が増して食べてくれるかもしれません。

うちの愛犬(そして以前飼っていた猫もそうでした)も毎年夏バテしています。食欲がガクンと落ち、ドライフードは食べなくなります。チキンスープ入の缶詰だけは少し食べるので、夏の間はエサ代が少し高くつくのですがそれで乗り切ってます。

異常に暑い猛暑の年は人も犬も大変ですが、美味しいものでもたべて夏を乗り切りましょう。

歯の生え変わり

5ヶ月くらいになると食欲が落ちる犬がけっこういます。成長がゆるやかになり、体がエサをあまり欲しないのかもしれません。

また歯の生え変わりの時期でもあります。犬の歯が落ちていることはあまりないので、生え変わっていることを知らない飼い主さんも。食べ物といっしょに飲み込んでしまうことも多いんですね。

この時期は、歯がグラグラしていたり、噛み合わせがまだしっくりいっていなかったりしてエサが食べにくいのでしょう。

上記に当てはまらない、または子犬で24時間以上、成犬で48時間以上食べないのであれば獣医師に相談を。

少しでも食べてもらう方法は?

犬にドッグフードを食べてもらう

  • ハーブをプラス
  • ペパーミントやフェンネル、ショウガ、ユッカ、ダンデライオンなどのハーブは食欲を増進してくれます。これらのハーブの乾燥したものをエサにふりかけます。

  • エッセンシャルオイルをたらす
  • バラの精油をバンダナに2~3滴たらし、犬の首に巻いてあげましょう。食欲を高めてくれます。直接皮膚につけるのはNGです。

  • ツボをおす
  • 食欲不振を解消するツボ「山根(さんこん)」を刺激。鼻の毛の生えている部分と生えていない部分の境目にあります。鼻の付け根から鼻先まで指でなでてマッサージしてあげましょう。

  • トッピングする
  • いつものフードに他のものをトッピングすると食べてくれることもあります。ささみのゆで汁や野菜、ヤギミルク、ヨーグルト、ゆでたまご、おからなどがおすすめ。

  • 温める
  • 病気や老化で嗅覚が鈍ると、食欲もわかなくなるようです。フードを温めるとにおいが強くなるので、食べてくれることもあります。

  • フードをふやかす
  • 歯が悪かったりすると硬いフードが食べにくくなります。お湯やミルクでふやかしてあげると食べやすくなります。

  • 手からあげてみる
  • なぜか手からなら食べてくれる犬も。トレーニングをしながらごほうびとして与えるのがいいですね。

保険

ペット保険に入っておこう

犬の誤飲
ペット保険を選ぶポイントは
・入院しなくても通院で治療費が出るもの
・何回病院に行っても保険料が上がらないもの
・最低診療費の制限がないもの

が良いです。
>>おすすめはこのペット保険です

保険金支払いの約80%が通院費用で使われています。
1回の診療費用が少なくても支払われる保険なら、躊躇することなく病院へ連れていけますし、治療費の心配も軽減されます。

-犬の体のこと、病気のこと

Copyright© 【いぬなび】犬のための総合情報サイト , 2017 AllRights Reserved.