犬の発熱

更新日:

犬の発熱
「あれ、愛犬の体がいつもよりも熱いな」と感じたら発熱しているかも。体温計をつかって熱を測ってみましょう。

健康管理のために平熱を知っておくと、いざというときに素早い対応ができますね。

犬の体温はどれくらい?

犬の体温は人間のよりもやや高めで38~39度くらいです。子犬や小型犬は少し高め、逆に大型犬や老犬は少し低めです。

ただ体温は1日の中でも±1度くらいは変化します。また興奮したり、ストレスを受けたり、運動するとすぐに40度近くまで上がることもあります。平熱を知るには安静状態になっている時に測りましょう

もし微熱だけで、普段通り元気があるなら少し様子をみても良いです。

39.5度以上あれば発熱していると言えます。もし40度を超えていたら危険な状態かもしれません。とくに老犬や下痢など他の症状もみられるようなら、すぐに病院へ!

犬の体温を測る

犬の体温を測るときの注意について知っておきましょう。

犬専用の体温計を用意する

体温計は人間用ので大丈夫です。ただ細菌感染など衛生面で不安なので、共用はしない方がいいです。1本は犬用に用意しておきましょう。水銀式のものは割れてしまった時にキケンなので、デシタル式のものを使ってください。

ペット用の体温計も市販されていますね。先端が曲がるようになっているので、犬が多少動いてしまっても傷つけません。価格は1,200円くらいからあります。

耳に入れて測るタイプもあります。12,000円ほどで高額なのですが、1秒で測れるのでジッとしてられない犬にはおすすめです。

肛門で測るのが一番正確

犬の体温 肛門
体温計を肛門に差し込んで測る方法が一番正確に体温を知ることができます。

まず体温計の先端にラップをまき、滑りやすいようにオリーブオイルや食用油を少し塗ります。犬のしっぽを持ち上げ、肛門に体温計を3~6センチほど入れます。差し込む深さは犬の体の大きさにもよりますが、体温計の温感部分が見えなくなるくらいまでは押し込んでください。

「肛門に体温計をさしこむなんて・・・こわい~」と先っぽだけいれて測ってしまう飼い主さんが多いそうですが、それでは体温が低く出てしまいます。

測る時間は1~2分ほど。体温計によっては10秒くらいで完了するのもありますよね。測っている間、犬はジッとしてなければならないので、できるだけ短時間で測れるものを用意してあげるといいですね。

2人いれば、1人が犬をおさえて、もう1人が体温計で測ることができます。もし1人なら自分の目の前に犬を後ろ向きで座らせ、犬の後ろ足の付け根に体温計を挟みこんでください。肛門で測るよりも低いですが、体温を知ることができます。

もしどうしてもいやがって測らせてもらえない時はまずマッサージなどをしてリラックスさせてあげてみてください。それから横に寝転ばせてワキの下や内股に体温計をはさむ方法もあります。

もし体温計がないときは?

犬の体温計
外出先などで体温計が手元にないときもありますよね。そんな時はおでこや耳のつけね、おなかなど毛が少ない所を手で触ってみましょう。いつもと比べてどうですか?普段からよく触っていないとわからないかもしれませんが・・・。

呼吸が荒かったり、目がどんよりしていたり、食欲がなかったり、下痢や嘔吐をしていたり、前足が熱かったり、鼻の頭がかわいていたりすると発熱していることがよくあります。

熱は病気のサインです!

犬 熱の原因
熱があっても「とりあえず点滴と解熱剤で様子を見ましょう」と医師に言われた飼い主さんもいます。でも熱はいつまでたっても下がらず、医師に不信感をいだきついには転院したそうです。

転院した病院できちんと検査をした結果、肝炎だったことが判明。今はすっかり元気になったそうです。

熱がでる原因は本当にさまざまなので、原因がなんなのかを突き止めることが重要です。ただやみくもに解熱剤で熱を下げても病気が治るとは限りません。

解熱剤の種類によっては胃腸に負担をかけるものもあり、やたら使わない方がいいかもしれませんね。検査設備が整っている病院を選びましょう。ネット検索すればすぐにわかりますよ。

熱が出る原因を知りたい!

熱が出る原因は主にこのようなものがあります。

感染症

ウイルスや細菌に感染することでさまざまな病気にかかります。よくあるのが気管支炎や肺炎、ケンネルコフ、尿路感染症、ジステンパー、犬伝染性肝炎などなど。

熱中症

夏の間はとくに注意が必要です。屋外で飼っていたり、冷房のない部屋で長い時間留守番をしていたり、車の中に置いて行かれた場合になりやすいです。

発熱以外にも嘔吐や下痢、フラつき、失神などの症状がみられることも。ひどくなれば死んでしまうのですぐに体を冷やして、病院へ連れていきましょう。

中毒

玉ねぎやチョコレートなどの食べ物の中毒や食べてはいけない植物、金属、殺虫剤や農薬などによる中毒などいろいろあります。

発熱だけではなく嘔吐や下痢、筋肉のけいれんなどの症状がでることも。治療には何による中毒なのかを特定することが重要です。

薬の副作用

病院で処方された薬による副作用で発熱の症状がでることがあります。ワクチン接種が原因で発熱と顔の腫れの症状がでた犬もいます。アレルギー体質の場合はとくに気をつける必要がありそうです。

発熱以外に、食欲はあるか、咳はしていないか、下痢・嘔吐はしていないか、元気はあるか、ヨロヨロしていないかなどもチェックしましょう。

熱を下げるには?

犬の熱を下げる
熱が高くてつらそうなときや、すぐに病院へいけない時は応急処置で体温を下げます。首の周りやワキの下、鼠径部(内股)にタオルでくるんだアイスノンをあててください。カチカチのアイスノンではなく、ジェルタイプだと痛くなくていいかもしれません。

脱水症になっていると危険なので水分補給も忘れずに。

逆に熱が低い場合もある

犬の平熱は38~39度で、それよりも低い場合は低体温症の可能性があります。寒いところにずっといることが原因です。とくに子犬や老犬は体温調整が苦手なので気をつけてあげてください。

36度台にまで下がって元気がなくなっていたら、毛布でくるんで急いで病院へ行きましょう。犬が発汗できるのは舌と足の裏だけなので、足を冷やさないようにします。

寒さで体温が低いのでなければ測り方が正しくないのかもしれません。体温計は肛門にしっかり差しこんで。先っぽだけだと正しく測れません。またはうんちが詰まっている可能性もあります。うんちをさせてから測ってくださいね。

お産が近いと体温が37度台に下がりますが、この場合は正常です。

呼吸や脈拍数も測りましょう

愛犬の健康管理に体温を測るのといっしょに呼吸や脈拍数も調べておくと、具合が悪い時に早く発見できるかもしれません。

呼吸数の調べ方

犬を横向きに寝かせ、胸やおなかの動きから呼吸数を数えます。鼻先にティッシュを垂らして呼吸で動くのを数えてもOK。

呼吸数は体の大きさによっても違いますし、個体差もあるので健康な時がどのくらいなのかを知っておく必要があります。

1分間の呼吸数は10~30回ほどです。30秒カウントしてx2してもOKです。

脈拍数の調べ方

後ろ足の付け根の内側に手をあてるとドキドキしているのが感じられます。大型犬であれば直接、心臓部分に耳をあててもカウントできます。

1分間の脈拍数は幼犬100~200、成犬70~120です。

保険

ペット保険に入っておこう

犬の誤飲
ペット保険を選ぶポイントは
・入院しなくても通院で治療費が出るもの
・何回病院に行っても保険料が上がらないもの
・最低診療費の制限がないもの

が良いです。
>>おすすめはこのペット保険です

保険金支払いの約80%が通院費用で使われています。
1回の診療費用が少なくても支払われる保険なら、躊躇することなく病院へ連れていけますし、治療費の心配も軽減されます。

-犬の体のこと、病気のこと

Copyright© 【いぬなび】犬のための総合情報サイト , 2017 AllRights Reserved.