いやがる犬に薬を飲ませる方法

更新日:

犬に薬を飲ませようとしても「ペッ」と吐き出されてしまう・・・なんて経験ありませんか。
いやがる犬に薬を飲ませる方法

毎日数種類の薬を与えなければならなくて、毎回格闘しているなんて飼い主さんもいますよね。それだけで犬も飼い主さんもストレスをためてしまいます。

このページでは、犬になるべく嫌な思いをさせないで薬を与える方法を紹介します。


錠剤の飲ませ方

錠剤

口を開けさせ、のどの奥に入れる

親指と人差し指あるいは中指で、上から犬の口角をつかみ、くちびるごと中に押し込みます。すると犬は口を開けるので薬をのどの奥へ。

口を閉じさせマズルをおさえておきます。鼻にフッと息を強く吹きかけると、反射でゴクリと飲み込むはず。飲み込むまでは口は上向きにします。口のまわりをペロペロ舐めれば薬を飲んだサイン。息を吹きかける代わりにのどをさすってあげてもOKです。

薬はなるべくのどの奥へ入れるのがポイントです。手前のほうだと犬が舌で薬を吐き出してしまいます。口に入れたのに、しばらくすると「ペッ」と吐き出してしまうのはこのパターン。
薬をのどの奥に入れる
のどの奥へ入れても気管支の方へ行ってしまうこともありませんし、舌の奥のほうは味覚がないので、苦味なども感じにくいです。

好物でくるむ

噛みつく犬などの場合は口を開けさせるのはこわいですね。そんな時は、食べ物でくるんで気付かれないように与えます。

おすすめはチーズやパン、ウインナー。薬を噛んでしまうと苦かったり、薬だけうまく吐き出すこともあるので必ず一口大にします。普段食べないものだと喜んでパクついてくれます。
パン

また薬をくるんだものを5~6個用意して、はじめの2個くらいは薬なしのものを、そして3つめくらいに薬入りのものを混ぜたりしてもよいです。これなら気づかれる危険性が低いです。

あるいは2つの好物を用意する方法もおすすめです。薬入りのものを食べている時に、ふたつ目の好物を目の前にちらつかせます。犬はそっちも食べたいので急いで飲み込んでしまいます。

ただ、好物ばかりを与えていると普段のフードを食べなくなってしまいがちです。少しの量だから大丈夫と思っても毎日であれば体に良くないかもしれません。食事制限をされている犬の場合はとくに注意しましょう。獣医師さんに確認を。

ミネルヴァの「フレーバードゥ」などの投薬補助薬を使ってみるのも◎。「フレーバードゥ」はペースト状のフードみたいなもので、中に薬をいれ、お団子状にして与えます。

錠剤の飲ませ方

粉剤の飲ませ方

直接、口にぬりこむ

口を閉じさせ、ほっぺたを引っ張ります。ほっぺたと歯の間にできた空間に粉をいれ、口を閉じます。外側から薬とだ液が交じり合うようにほっぺたをもんでください。

ヨーグルトなどに混ぜる

無糖や低脂肪のヨーグルトにしましょう。一度でなめきれる量にします。

はちみつなどで練る

はちみつやジャム、マーガリンなどに練り込み、そのままなめさせたり上あごに塗りつけましょう。あるいはスプーンの柄などを使って口の口角部分の歯がないところから舌へ塗りつけます。

鼻先に塗ってもOK。(元気がなくてなめることもしない場合はやめておきましょう)

水で溶かしてスポイトで与える

薬を水で溶いて、針なしの注射器やスポイトなどで口に入れる方法も。口角のところから差しこんであげると犬も苦味などをあまり感じずにすみます。

カプセルに詰める

粉薬が苦くて飲まない場合は、カプセルに詰めてもよいですね。薬局などで空のカプセルを購入しましょう。

くすりをあげる時の注意事項

くすりをあげる時の注意事項

錠剤はつぶさない

錠剤は胃の中でジワジワとけるようにできているので、つぶして粉状にしてしまうと効果が薄くなってしまいます。必ず獣医師に確認してからにしましょう。

カプセルのものも同じで中身だけを取り出すのはやめてください。カプセルに入っているものはとても苦いことが多いのでよけい苦しいかもしれません。

普段のフードに混ぜない

においでバレてしまうと、もうそのフードを食べなくなってしまうことがあります。食欲がなくてフードを半分しか食べなかったら薬を全部飲めないかもしれません。

テンポよくあげる

もたもたしていると犬も不安になります。テンポよくパッパッパッと済ませましょう。犬が「何が起きたんだ!?」くらいに感じてくれれば上級者です。

飼い主さんが緊張していたり、気合が入りすぎていると犬もそれを感じ取ってしまいます。まずは飼い主さんがリラックスしましょう。

もし薬をうまく飲めなくても叱らないで。ますますいやがるようになってしまいます。人間だって犬だって薬をのむなんて嫌なことですから。

用法・量などを守って

獣医師さんに言われた用法や容量は必ず守りましょう。薬を飲ませるのは大変だから、かわいそうだからと勝手に与える量を減らしたりしては効果が出ないことも。間違った薬の与え方をすると副作用が出ることもあるので注意してください。




-犬の体のこと、病気のこと

Copyright© 【いぬなび】犬のための総合情報サイト , 2017 AllRights Reserved.