犬が草を食べるワケ

更新日:

散歩のときに犬が道端の草をムシャムシャ食べることはありませんか。
犬 雑草

本能で食べているのだろうから放っておく?やめさせるべき?

そもそもなぜ犬が草を食べるのか気になったので調べてみました。

犬が草を食べるワケ

犬が草を食べる

草で胃を刺激して体毛を吐き出すため

猫はよく毛づくろいをしているのを見ますが、犬も体をなめてキレイにすることがあります。飲み込んでしまった毛は消化されずに体内にとどまり、それを吐き出そうとします。ツンツンとした細長い草を好んで食べることが多いのは、胃を刺激するのにちょうどいいからなのかもしれません。

胃がむかむかしているため

油分がたくさん含まれるドッグフードや人間の食べ物を食べていると胃酸過多になりやすいです。胃が気持ち悪いのをしずめるために食べているのかもしれません。

ビタミンやミネラル、酵素を補うため

食事の量が足りなかったり、栄養がかたよっていると草から摂取することがあります。犬は実は雑食です。肉ばかりの食事では栄養不足になってしまいます。

ストレス解消のため

飼い主さんがかまってくれず愛情不足になっているかもしれません。

食感が気に入っているため

犬によって好む草がちがうようで、ツンツンしたイネ科の植物や猫じゃらし、どくだみなどいろいろです。たまたま食べてみたら味や食感が気にいって食べるようになったのかもしれません。

よく言われている理由はこのようなことです。でもこれらは仮説でしかありません。本当のところはよくわかっていません。

獣医さんによると「健康な犬は草なんか食べない、草を食べるということは体の調子が悪いサイン!」だそうです。

まずは体の調子を整える

どんな理由であれ、草を食べるということは体の具合が悪いため。ですから草を食べるのをやめさせるかどうかを考える前に、体の調子を整えてあげることが重要です。

ブラッシングをする

毛玉がたまってしまうのは、ブラッシングをこまめにすることで防げます。

フードを見直してみる

ドッグフード

脂っこいものばかり食べていると人間でも胃もたれや胸焼けをおこしますよね。頑丈な消化機能を持っている犬でも同じです。一般的なドッグフードはたくさんの油分が含まれているものが多いので、フードを見直すことも必要かもしれませんね。

ドッグフードばかり食べている犬は消化を助ける酵素が不足しがちになります。この酵素が足りなくなると消化機能が弱まってしまうんです。草を食べるのは消化酵素を補うためとも考えられます。

実際、消化酵素を含む野菜や果物を与えるようにしたら草を食べなくなったというケースもあります。

消化酵素は熱に弱いので、生のものからしか摂取できないんですね。生肉や生魚にも含まれますが、寄生虫に感染するリスクもあるので、手軽な野菜やくだものをおすすめします。

生のキャベツや白菜、人参、りんごなどを普段のフードに混ぜます。納豆や大根おろしを与えてもOK。

食物繊維をたくさん与えることで毛玉も吐き出しやすくなります。

でも、ドッグフードってどんなものを選んだらいいの?
市販のドッグフードは、カサを増すために穀物が使用されています。とうもろこし、小麦、大麦などですね。
穀物は犬の胃にとっては負担になるもので、ずっと食べているとアレルギーも起こしやすいと言われています。
そうなんですね!穀物を含んでいないものがいいってことか~。
ワンちゃんが必要なのは高タンパクで低炭水化物のものがベスト。
といっても良質な高タンパクが必要ですね。高タンパクに加えて無添加であればワンちゃんにとっては最高のドッグフードといえるでしょう。
なるほどー。
でも、ドッグフードを見極めるのって難しいな。種類もたくさんあるし…
もし、どのドッグフードを選んでいいのかわからないんだったら、カナガンがおすすめです。
穀物を使っていないドッグフードで、人間が食べられるほど高品質で新鮮なんですよ。
すごい!そのドッグフードなら安心ですね♪

穀物を使っていない、良質な動物性タンパク+野菜配合のドッグフードはこちら
>>カナガン ドッグフード
カナガン ドッグフード

ストレス解消

中にはストレスのために草を食べ続ける犬もいます。

愛情不足、運動不足、引っ越しなどによる環境変化などなど、犬も人間と同じようにストレスを抱えてしまうことがあります。そのストレスが草を食べるという行為として表れているのかもしれません。

人間のように言葉で訴えることができないので、飼い主さんが気づいてあげなければなりません。

安易に草を食べさせるのは危険です!

胃腸の調子を整えるために、犬が本能で食べているのだから食べさせてもかまわないという人もいます。でももしかしたら深刻な病気がかくれているかもしれません。

あまりに草を食べ続け、ある日血便がでて、病院へ連れて行かれた犬がいます。麻酔をして胃の中をカメラで見てみると、そこには消化されていない草がぎっしりと・・・。草が胃腸を刺激して出血し、血便の原因になっていたんです。

はじめは胃が気持ち悪くて草を食べていたのかもしれません。でも草は消化されずにどんどんたまり、吐き出すこともできず苦しい思いをしていたのでしょう。

草を頻繁にに食べるようであれば一度病院での診察をおすすめします。

中毒の危険性も

犬 草
道端に生えている草はきれいではありません。自動車の排気ガスをかぶっていたり、他の犬や猫のおしっこがついていたり、もしかしたらどこかのおじさんの痰なんかが絡みついている可能性も!考えただけでゾッとしませんか。

他の犬のおしっこから病気に感染することもあります。また草に寄生虫の卵がついていることもあるかもしれません。

そして何より危険なのが、中毒です。玉ねぎやネギなど犬が食べてはいけないものはいろいろありますが、そこらに生えている草の中にも食べてはいけないものがいろいろあるんです。

犬は優れた嗅覚などで危険な植物かどうかを見分けるとされていますが、うっかり食べてしまうこともあります。そして下痢や嘔吐などの中毒症状が現れることがあります。

もし犬が草を食べてしまって、それが毒性のある植物かどうか分からなかったら、その草を持って病院へ行きましょう。獣医さんに相談した方が安心です。

また、食べても大丈夫な草だとしても農薬や殺虫剤、除草剤がついた草かもしれません。飼い主さんもそうとは知らず食べさせてしまったために死んでしまった犬もいます。

道端に生えている草だけでなく犬が食べてはいけないものはたくさんあります。一度チェックしてみてください。

道ばたの草を食べるのをやめさせる方法

犬の散歩
「食べちゃダメ!」と叱るのは逆効果になる可能性があります。中には飼い主さんの気をひこうと食べる犬もいて、注目されることでますますやめられなくなってしまいます。

その犬が好む草が生えている道を通らない、リードを引っ張って草に近づけないなど対処方法もありますが、拾い食いなどをせず飼い主さんの横をついて歩くような散歩のしつけをしっかりすることが大切だと思います。

散歩の時ぐらい自由に歩かせたい気持ちもわかりますが、命を守るためにもしつけは必ずしましょう。

>>散歩のしつけについてはこちら

それでもどうしても草を食べたがるなら自分で草を育ててしまいましょう。

犬や猫が食べる草(えん麦というイネ科の植物)がペットショップなどで小さな鉢に植えられた状態で売っています。ただ水やりを失敗するとすぐに枯れてしまったり、かじったところから黄色くなって枯れてしまうことも。

また犬によってはこの草に見向きもしないこともあります。かと思えばすぐに食べ尽くしてしまう犬もいるので好みもさまざまなのかもしれませんね。

【まとめ】
犬がなぜ草を食べるのかその原因を突き止めてあげることが大切。言葉では通じ合えないからこそ、いろいろなサインを見逃さないようにしましょう。

良質な動物性タンパク+野菜配合のドッグフードはこちら
>>カナガン ドッグフード
カナガン ドッグフード

保険

ペット保険に入っておこう

犬の誤飲
ペット保険を選ぶポイントは
・入院しなくても通院で治療費が出るもの
・何回病院に行っても保険料が上がらないもの
・最低診療費の制限がないもの

が良いです。
>>おすすめはこのペット保険です

保険金支払いの約80%が通院費用で使われています。
1回の診療費用が少なくても支払われる保険なら、躊躇することなく病院へ連れていけますし、治療費の心配も軽減されます。

-犬の体のこと、病気のこと

Copyright© 【いぬなび】犬のための総合情報サイト , 2017 AllRights Reserved.