雷がなるとブルブルおびえます・・・

更新日:

ゴロゴロと雷がなった翌日は迷い犬の相談が通常の何倍にもなるのだそう。雷の音におどろいてパニックになり脱走してしまうからなんですね。

犬によって雷への反応の仕方はずいぶん違いがあるようで、ゴロゴロバリバリなっていても平然と寝ている犬もいれば、ブルブルガクガクしてしまう犬も。性格によるみたいですね。

雷だけではなく、花火の音やお祭りの音なんかに反応する犬もいます。



おびえるときの行動パターンとしては物陰にかくれて出てこない、吠える、人や物に噛みつく、おしっこを漏らしてしまう、ブルブルふるえる、よだれをたらす、ハアハアと息が荒くなる、フードも水も食べられなくなる、吐く、パニックになって逃げ出すなどがあります。

なぜ雷を怖がるの?

雷の音におびえているとは限らないのだとか。雷といっしょに聞こえる雨や風の音だったり、光だったり、正体がよくわからないからこわいのです。

それから気圧の変化や静電気に反応している場合も。犬の感覚は人間よりかなり敏感なのでさまざまなことに不快感を覚えます。

雷がなるとお風呂場に逃げ込む犬もいます。これは体にたまった静電気を放電するためなのだそう。犬の体は汗をほとんどかかないので皮膚は乾燥しています。そして毛が生えていることで摩擦ができ静電気がたまりやすいんですね。

お風呂場に逃げる以外にも、金属製の排水パイプにくっついたり、水のあるところに行ったりします。放電できるとわかっているからなんです。

また飼い主さんの態度や精神状態も影響します。飼い主さんが雷がなるたびに怖がっていたら、犬も不安に。いっしょになってオロオロしてしまうんです。

どうやって克服する?

[colored_box color="light‐yellow" corner=""]
[icon image="finger1-r"]他の音で気を紛らわせる

音楽をかけたり、テレビやラジオを大きな音でつけたりして、そちらに意識をそらせます。苦手なくらいであればいいのですが、パニック状態になってしまうほどであればあまり効果はないかもしれませんね。「テレビの音がうるさい!」なんて隣から苦情がこないように祈りましょう。
[/colored_box]
[colored_box color="light‐yellow" corner=""]
[icon image="finger1-r"]何度も聞かせて慣れさせる

雷の音をテープにとって何度も聞かせます。はじめは小さな音から。音を聞かせるときにおやつを与えるなどごほうびを与えると、「雷の音=いいことが起こる」と学習します。大きな音の中でも「スワレ」「マテ」ができるようになるまで慣れさせます。この訓練をしている間は強い刺激を与えないようにしなければなりません。本物の雷がなってしまうとだめなので、雷シーズンはさけて。

テープの音だけでは反応しない場合もあります。その犬にとってはこわいのは音ではなく、光や体に伝わる振動、静電気、飼い主さんの反応なのかもしれませんね。
[/colored_box]
[colored_box color="light‐yellow" corner=""]
[icon image="finger1-r"]逃げ場を作る

クレートを用意します。その上に毛布などをかぶせて少しでも防音してあげましょう。無理やりクレートに閉じ込めてしまうとよけい怖がるかもしれないのであくまでも自主的に入るように。

屋外で飼っている犬も雷がなっているときだけは玄関に入れてあげるなどしてあげて。くさりを切って逃げたり、普段は絶対のりこえられないフェンスを飛び越えてしまったりなんてこともよくあります。パニックで逃げ惑ううちに迷子になってしまうこともあります。
[/colored_box]
[colored_box color="light‐yellow" corner=""]
[icon image="finger1-r"]知らんぷり

私だって雷はこわいのでなかなか平常心ではいられないのですが、飼い主さんが不安がっていると犬も不安になります。こども達が騒ぐとよけいこわがるので、まずは人間の方が訓練しなければなりませんね。「こわいね~、びっくりしたね!」など言わないように。

近くによってきたらなでてあげることで落ち着く犬もいますが、やたらと甘やかしたりやさしくすることは控えましょう。怯えればやさしくしてもらえると思ってしまいます。いつも通りに振るまってください。
[/colored_box]
[colored_box color="light‐yellow" corner=""]
[icon image="finger1-r"]カーテンやシャッターを閉める

防音にもなりますし、光を防ぐこともできます。網戸だけだと、突き破って外にでてしまう犬もいるそう。
[/colored_box]
[colored_box color="light‐yellow" corner=""]
[icon image="finger1-r"]ストームディフェンダーケープを着せてみる

静電気を防ぐ効果のある犬用のケープです。着せるだけでいいので簡単なのもいいですね。価格は6,000円ほどするのでちょっと高いのですが・・・。

音に怖がる場合は意味がないのかもしれないのですが、静電気に反応しているのであればかなりの効果が期待できます。このケープを着せるだけで雷がなっていても何事もなかったように寝ているようになった犬も。

適度な圧が体にかかることでリラックス効果もあるようです。車に乗るのを怖がっていた犬に着せても、おびえなくなったという事例も。このケープじゃなくても、タオルやブランケットを体に巻き付けるだけでも代用できるかもしれませんね。
[/colored_box]
[colored_box color="light‐yellow" corner=""]

[icon image="finger1-r"]薬を処方してもらう

ソワソワするぐらいならいいのですが、完全にパニック状態になってしまうようではかわいそうですね。獣医さんに相談して抗不安剤などの薬を処方してもらうこともできます。ただ副作用などもあるのでよく考えて利用しましょう。
[/colored_box]

どんな犬が怖がりやすい?

もともと神経質な犬や過去にこわい体験をしてそれがトラウマになっている犬が雷を怖がる傾向にあります。

また牧羊犬やレトリーバーなどにも多いので遺伝も関係あるかもしれません。

2歳くらいの若い時からの場合もあれば、5歳以降のことも。たいていは歳を取るにつれてひどくなるようです。耳が聞こえなくなると、それ以外の感覚が敏感になるからかもしれません。

犬ではないですが、私も雷が本当に苦手なので雷が家に落ちたらどうなるのだろうと心配になって調べてみました。

雷は通常、外壁を伝って地面に抜けるようなので、家の中にいる人が感電して死んでしまうということはないようです。ただ壁に寄りかかっていたり、お風呂につかっていたりすると感電することもあるので、雷がなっているときは家の中央にいたほうが良いとのこと。

電化製品はことごとく壊れてしまいます。

火災になることもありますが、雷が落ちてすぐに感電死ということはなさそうですね。家に雷が落ちる確率も高くないでしょうからちょっと安心しました。




-しつけ

Copyright© 【いぬなび】犬のための総合情報サイト , 2017 AllRights Reserved.