犬の介護について

更新日:

昔に比べて犬の寿命がのびていることは嬉しいことです。でもそれは介護が必要になるかもしれないということも意味します。

犬の介護も人間のそれと同じ。本人もつらいですが、それを支えるまわりの人達も大変です。それでも家族同然でかわいがってきた犬ですから最後まできちんと面倒をみてあげてくださいね。少しでも楽に過ごせるように工夫してあげましょう。


寝たきりになったら

足腰が弱って、歩くことや立つことがままならなくなり寝たきりになってしまう犬もいます。

床ずれ

犬 床ずれ
まず気をつけなければいけないのが床ずれ。床と骨に挟まれた皮膚の血行が悪くなり、皮膚がくさってしまいます。はじめは皮膚が赤くなっている程度ですが、進行すると痒みや痛みが出てきます。

やがて水ぶくれができ、破れるとジュクジュクし皮膚に穴が空きます。炎症がさらに進むと皮膚だけでなく、骨や関節にも影響をあたえます。

一度床ずれができると完治させるのは難しく、再発することもしばしば。予防が大切です。

床ずれを作らないようにするには、床ずれ防止マットを使用します。寝たきりですと、大半をそのマットの上で過ごすことになるでしょう。できるだけ良いものを買ってあげてください。

フカフカしているものの方が犬も気持ち良いかなと思いがち。でも、まだ力が残っていて自分でたちあがれる犬なら厚いフワフワのマットはNG。立ち上がるのに安定しないので自力で動くことが難しいんです。寝たきりの状態をさらにすすめてしまいます。

高反発や体圧分散、あるいは無圧マットなどを選びましょう。

床ずれができやすいのは頬、肩、腰、足首。痩せてくると骨がでっぱってくるので床ずれもできやすくなります。

床ずれができてしまったら・・・

床ずれができてしまったら、まずは獣医師さんに診てもらいます。もし傷口が膿んでいたり、細菌に感染していたら薬による治療が必要になります。大型犬ですと病院へ連れて行くのも大変ですので、往診してくれる獣医師さんを見つけましょう。

家での処置方法としては、まずぬるま湯で洗い流します。消毒液などはつけないのが今の常識なんだそう。消毒してしまうと新しく生まれてくる細胞にもダメージを与えてしまうので、治りが悪くなります。

乾燥すると痛みがでるので、乾かないようにラップをまいて、絆創膏などで止めておきます。もしジュクジュクと体液が流れ出てくるようなら、その上から生理用ナプキンをあててください。ガーゼでもいいのですが、ナプキンなら逆戻りしません。

細菌に感染しているかどうかは素人ではわかりません。必ず獣医さんに診てもらいましょう。

また患部の下にドーナツ型の枕を置いておくこともおすすめ。人間の赤ちゃん用のでもいいですが、大きさが合わないこともあります。その時は緩衝材のプチプチやタオルを使って手作りしましょう。ただドーナツ部分に圧がかかってしまうので、こまめに動かしてあげてください。

寝返り

床ずれを防止するのに欠かせないのが寝返りを打たせること。同じところに圧がかからないように、2~3時間に一度は体の向きを変えます

いきなり体勢を変えると血栓ができ、心臓や肺にとびそれが原因で死んでしまうこともあります。寝返りを打たせる前に、10分くらい全身をさすってマッサージしてあげましょう。

血行も良くなりますし、犬も気持ちがいいのか嬉しそうな顔をすることも。マッサージする際に床ずれができていないかチェックすることも忘れずにしてくださいね。毛におおわれているために見逃しているかもしれません。

また食後すぐに行うのはNG。食べたものを吐くかもしれないので、できれば食前に行います。

もし支えてあげれば立つことができる犬なら一度立たせます。そしてゆっくりおしりをつけて反対向きに。立てない場合でも、一度抱き上げて上体を起こします。

足だけ持って背中を軸に返すのは、内臓に負担をかけるのでオススメできません。ただ大型犬の場合はしかたないかもしれませんね。マットを担架のようにしてひっくり返します。

顔の下に枕をいれたり、足の間にタオルを挟んだり、クッションなどによりかかるようにすると体の重力のかかり方がかわって床ずれも予防できます。

寝たきりの状態は思った以上につらいものです。以前、私自身が手術をして約1日ベッドで寝たきりになっていなければならない時がありました。寝ているだけとはいえ、体が動かせないということは本当につらいものです。体のあちこちが痛くなってくるんですね。

犬だって同じだと思います。最後まで手をかけてあげてください。

居場所を考える

老犬
寝たきりの犬は大半をその場所で過ごすようになると思います。マットを置く場所は暑さや寒さをしのげるところにしましょう。

玄関もいいかもしれません。掃除もしやすいですし、ドアを開けておけば近くの部屋の冷暖房も効きますよね。

あるいは浴室の近くでも。汚れた時にすぐに洗ってあげられます。

飼い主さんの気配を感じられる場所にいさせてあげたいですね。

また歩ける場合の犬ですが、痴呆が原因で徘徊する犬もいます。ぐるぐる同じ所を歩き回ったりします。くさりでつなぎっぱなしにしてしまうと絡まって動けなくなることも。せまいスペースでもいいので自由に歩けるようにしておきます。

サークルですとぶつかってケガをする危険性もあるので、マットなどを丸くして囲むとよいでしょう。

排泄

老化が進むとともに筋肉も衰え、排泄がままならなくなります。漏らしてしまうこともあるかもしれません。でも絶対に叱らないでください

犬も本当はおもらしなんてしたくないんです。本能的に自分の寝床は汚したくない、においを残したくないという思いもあるので、おもらしをすることは決まりが悪いわけです。犬のプライドを傷つけないためにも淡々と片付けてしまいましょう。

寝たきりの犬の排泄

寝たきりの犬の場合はマットや犬自身が汚れないようにしなければなりません。マットにバスタオルを敷き、その上にトイレシートを置きます。ずれないようにガムテープで止めます。

排泄物が毛に長い時間ついているとカブレたりもしますので、できるだけ早く蒸しタオルなどを使って拭きます。拭くだけでなくたまには洗ってあげると犬もスッキリするはず。

浴室に連れて行ってあげられるときは、浴室にすのこをおいてその上に寝かせます。すのこをななめにして頭の方を少し高くすると、体がびしょびしょになりません。

浴室に連れていけないときは、防止シートやバスタオルを敷き、その上にトイレシートを何枚か重ねて置きます。その上でぬるま湯をかけて洗います。トイレシートが水でパンパンになったら1枚ずつ引き抜けば犬の体の負担も減ります。

排泄物が毛につかないように肛門やしっぽの毛はバリカンで短くしてしまうのもいいかもしれません。ただ短かくしすぎると皮膚に排泄物がついてしまいカブレてしまうので要注意です。しっぽは包帯をまいてもいいですね。

寝たきりの犬におむつを履かせっぱなしにするのはNG。蒸れてしまいますし、排泄物が性器につくのは不衛生です。うんちが潰れて毛に絡みつくとキレイにするのも大変なので、おむつは病院へ行く時などだけにしましょう。

またハエが卵を産み付けないように、寝たきりの犬のおしりにはバスタオルをかけておきましょう。

介護が始まるとタオルが大量に必要になってきます。親戚や友人、知人にお願いして使わないタオルを譲ってもらいましょう。

便秘

老犬
腸の動きが弱まったりして便秘になりがちな犬もいます。おなかのマッサージをしてあげたり、肛門のまわりに指で刺激を与えるなど、排便のサポートをしてあげましょう。

それでも出ない時は、肛門から指を1本いれて、うんちをかき出します。爪は必ず短く切って、ビニール手袋をはめてください。便と腸壁は硬さが違うのでわかると思います。80%のうんちがかきだせればOKです。

牛乳やヤクルト、ミルミルなどで腸内環境を整えてあげることも必要です。

夜鳴き

夜になるとワンワンキャンキャン鳴く犬もいます。家族が寝不足になったり、近所迷惑になったりして、犬を手放してしまう人もいるのだそう。

まずは夜鳴きの原因を探りましょう。寂しさや不安から、あるいはどこか痛いのかもしれません。認知症の可能性もあります。

なでてあげると落ち着くのか泣き止む犬も多いようです。耳が遠くなって飼い主さんの声が聞こえず、自分の声も聞こえず不安になっているのかも。そんな時は添い寝が一番効果的

もしいっしょに寝てあげることができなければ、飼い主さんのにおいがするものを近くに置くだけでも良いです。お父さんの靴下で夜鳴きがおさまったという人もいます。

昼間ぐっすり寝てしまっていると体内時計が乱れて、夜興奮してしまうこともあります。昼間はなるべくかまってあげて起きていられるようにしましょう。日光のあたる明るいところにいさせたり、テレビやラジオを大きな音でつけておくなど、昼と夜のメリハリをつけるのも良い方法です。

病気が原因で鳴いているかもしれません

とこかが痛くて鳴いている場合もあります。脳腫瘍だったり、椎間板ヘルニアだったり・・・。なにか病気がないか、ケガをしていないかよく観察してください。一生懸命何かを訴えているのかもしれませんよ。

昔、実家で飼っていた雑種のメス犬(チクチャン)は子犬のときからまったく吠えない犬でした。あまりにもおとなしすぎるので、声が出せないのではと病院へ連れて行ったほど。臆病なのかがまん強いのかわかりませんが、とにかくしずかな犬だったんです。

そんなチクチャンも晩年はときどき夜中にキャンキャン鳴く時がありました。「どうした~?」と声をかけると鳴き止んだのですが、きっと口にできていたガンが痛かったのではと思います。鳴いたことのない犬が思わず声を出してしまうほどなんて、そうとうな痛みに耐えていたのかもしれません。

獣医さんに相談すると睡眠薬や鎮静剤を処方してくれることもあります。でもそれらの薬を使うことは最終手段にしたほうがいいかもしれません。副作用が強いものもあり、食欲がなくなったり、だるくなったりします。

DHAなどが配合されたサプリメントも夜鳴きに効果的と言われています。薬を使う前にまずサプリから試してみても良いかもしれません。
参考 犬用DHAサプリメント

食事

老犬 食事
シニア犬用のドッグフードは低カロリーなので太っている老犬には良いのですが、あまり食べなくなった老犬にはNG。高カロリーの療養食をあたえます。

歯が弱ってくるのでお湯でふやかすなどして柔らかくする必要もありますが、少しは硬さも残しておきます。そうすることで歯やアゴが弱っていくのを少しでも遅らせることができます。

立てるのであれば立たせて食べさせます。前足が弱っていると食べるのに首を下げた時に前のめりに転んでしまうことも。エサのボウルを台の上に置くなどして高さを調節します。

寝たきりで自力で食べることができない場合は、飼い主さんが手で直接口の中に入れます。流動食の場合はシリンジ(注射器のような形のもの)で口の奥へ。

流動食は、まず固形のドッグフードをぬるま湯でふやかします。それをすり鉢で潰し、さらにお湯を加えてどろどろの状態にすればできあがり。水を与える時もこのシリンジで与えることができます。

口の下にトレーなどをおいておけば寝床を汚さずにすみますね。

シリンジはホームセンターのペット用品が売っているところにおいてある場合もありますし、ネットで購入することもできます。1本100円ぐらいからあります。

体をキレイに保つ

介護中はとくに体を清潔に保つことが大切になります。手入れを怠ってしまうと細菌が繁殖して皮膚病になったり、新陳代謝が落ちたりしてしまいます。肛門のまわりはもちろん、耳や鼻、口のまわりなども重点的にケアしてあげて。

体臭は人間だけでなく、犬にとってもストレスです。入浴まではできなくても、部分洗いをしたり、蒸しタオルで拭いてあげるだけでもOKです。

人間用の入浴剤は犬の体臭を消すのにも役立つんですよ。浴槽に入浴剤を入れて浸からせてあげたり、タオルに含ませて拭いてあげましょう。

水の要らないシャンプーをつかってくしで溶かすだけでも汚れが落ちてにおいも和らぎます。

いくら体をキレイにしても体臭が気になる場合は犬にも安全な消臭スプレーや脱臭剤の利用を。お香もおすすめです。

散歩や気分転換

歳をとって歩くのが大変そうでも、散歩や気分転換をさせてあげることは大切です。

散歩のとき、足を引きずりがちな犬には靴下をはかせることで爪や足を痛めるのを防ぎます。靴下は数回の散歩でボロボロになってしまうので、安いこども用の靴下を代用するのも◎。100均でも売ってます。椅子用の足カバーでも。

靴下はサージカルテープ(ガーゼを止めるときに使うテープ。ひとつ用意しておくと便利)で固定します。

雨の日や寒い日ようにカッパもあるといいですね。冬はカッパの中にマフラーを入れてあげると防寒具になります。

歩くのがおっくうそうなら歩行を補助してくれるハーネスを利用しても。毎日歩くことで足腰の筋力をキープできます。

散歩になかなか出られない状態なら、外が見える場所に寝床を移動してあげるなど、少しでも変化を感じさせてあげましょう。

ペットシッターを利用

昼間、長時間犬をひとりぼっちにしてしまうのはかわいそうです。ペットシッターを頼むことも考えましょう。

小型犬~中型犬で1日2回(1回のケアの時間は1時間)ペットシッターさんにケアをお願いすると4,000~5,000円ほどです。ただのペットシッターさんではなく、介護もできる人のほうが安心です。

かなりのお金がかかってしまいますが床ずれなどを防ぐには必要です。

人間の介護も大変ですが、犬の介護もつらいものがあります。時にはイライラしてどなったり、叩いてしまうこともあるかもしれません。でも飼い主さんが怒った顔やつらい顔を見せると、犬も感じてしまいます。

犬は飼い主さんが大変な思いをしていることや、飼い主さんに迷惑をかけていることを心苦しく思っているんです。ごめんねって思っているんです。

どんなに疲れていてもイライラしても犬の前では笑顔でいてください。イライラは他の場所で発散させましょう。犬は飼い主さんが全てなのですから。




-犬の体のこと、病気のこと

Copyright© 【いぬなび】犬のための総合情報サイト , 2017 AllRights Reserved.