犬がいびきをかいているけど大丈夫?

更新日:

愛犬が気持ちよさそうに寝ている姿を見るのはいやされますね。でもグーグーと人間並みのいびきをかくことも。犬もこんなに大きないびきをかくの?とびっくりする飼い主さんもいるはず。
犬のいびき

犬のいびきには病気が隠されていることもあります。寝ている姿にいやされている場合じゃないかもしれません!



鼻ぺちゃの犬はいびきをかきやすい

鼻ぺちゃの犬
短頭種は鼻が短く改良されているので、生まれつき鼻腔がせまいです。

そして鼻だけではなくのどの構造も関係します。のどには鼻と口をわける軟口蓋という組織があるのですが、短頭種の場合、それが長かったり、下がりやすかったりして空気の通り道をせまくしてしまいます。

せまいところを空気がとおるので粘膜が振動していびきとなります。

とくにフレンチブルドッグやパグ、ペキニーズ、シーズー、ボストンテリアなどの短頭種はいびきをよくかきます。これらの犬が寝ている時にいびきをかく分にはあまり心配はいりません。

病気が原因のこともある

起きているときでもいびきのような音を出したり、呼吸が苦しそうだったり、急にいびきをかきはじめたりした時は病気の可能性も考えられます。病院で診察を受けましょう。

とくにコリーやシェパードなどの長頭種がいびきをかいていたら要注意です。

軟口蓋過長症

上あごの一番奥に軟口蓋という柔らかい部分があります。人間で言うと「のどちんこ」のある部分(ちなみに犬や猫にはのどちんこはありません)です。軟口蓋には口に入った食べ物が鼻の方へいかないようにフタをする役割があります。

この軟口蓋が長くのびて気道をふさいでしまうのが軟口蓋過長症という病気です。ただ呼吸するときに音がでてしまうくらいで済めばいいのですが、呼吸困難になって突然死してしまうこともあるこわい病気。

犬にとって呼吸することは酸素を取り入れることももちろんですが、体温調節の役割もあるので、スムーズに呼吸ができないということは熱中症になる危険性もあります。

運動した時や興奮した時にゼーゼーと息があらくなったり、一瞬呼吸が止まって苦しそうなときは手術をしたほうがいいかもしれません。外科的手術で軟口蓋を切り取ります。手術後は咳をしたり吐いたりするかもしれませんがそれほど危険なものではありません。

また再発を防ぐために鼻腔を広げる手術も同時にすることもあります。

【軟口蓋過長症を発症しやすい犬種】
・パグ
・ブルドッグ
・シーズー
・ボクサー
・ボストンテリア
・キャバリア
・ヨークシャー・テリア
・チワワ など

その中でもとくに注意したいのがフレンチブルドッグ。やんちゃで興奮しやすいので呼吸があらくなりがちです。するとのどの周辺に熱を持ち、腫れ、呼吸困難におちいってしまうこともあるので注意が必要です。

気管虚脱

気管はのどと肺をつなぐ管のようなもの。散歩の時にぐいぐいリードを引っ張ったり、振り返ったり、おしりをなめたり・・・と自由自在に動かせるように柔軟な作りになっています。
リードを引っ張る犬
普通はつぶれることがない気管がつぶれ、呼吸がしにくくなるのが気管虚脱という病気です。

はじめのうちは運動や興奮した時、あるいは水やエサを食べた時にゲーゲーといった咳をします。それが進行すると呼吸困難になって失神したり脳や肺に障害がでることも。

はっきりとした原因はわかっていませんが、遺伝や肥満、老化が関係するのではと言われています。症状が軽いうちなら抗炎症剤などで症状をおさえることができますが、進行してしまうと外科的手術が必要です。手術費用は15万円を超えることがあります。

遺伝や老化が原因の場合は、完全に予防するのはむずかしいかもしれませんが、首に負担をかけないことで進行を抑えることができます。首輪ではなくハーネスがおすすめ

夏場に発症しやすく、暑さや湿度で急に進行したり、再発したりします。

【気管虚脱をしやすい犬種】
・ミニチュアプードル
・チワワ
・ポメラニアン
・ヨークシャー・テリア
・日本犬の純粋種や雑種
・ゴールデンレトリーバーなどの大型犬は1~2歳の若い時でも発症することがある。

心臓の病気

心臓肥大は心臓の病気の中でも一番多く、室内で飼われている小型犬なら6歳を過ぎたらかかる可能性がある病気です。

心臓が拡大することで気管支を圧迫し、咳がグーグーとのどを鳴らしているように聞こえることがあります。

原因は先天的なものやストレス、食生活の乱れなど。とくに塩分の摂り過ぎや高タンパク質の食事が心臓に負担をかけます

犬の体はもともと塩分をたくさん摂るようにできていないのですが、ペットフードの中には高タンパク、高塩分、高脂肪のものが少なくありません。食いつきが良いかもしれませんが、愛犬に長生きしてほしかったら高塩分、高脂肪のフードはやめたほうがいいですね。
参考>>低塩分、低脂肪のドッグフードランキング

いびきの他に、運動したがらない、咳をする、失神するなどの症状が見られることもあります。薬による治療もありますが、生活改善をすることも大事です。健康的な食事、適度な運動、ストレス軽減などを心がけましょう。人間と同じですね。

【心臓の病気を発症しやすい犬種】
・高齢犬
・肥満犬
・高血圧の犬

その他、鼻の病気など

鼻の中に腫瘍ができていて空気の通りが悪くなっているのかもしれません。

普通の病院ではわからないことも多いので見逃されてしまうこともあります。腫瘍が悪性の場合でも、手術をして取り除くのはむずかしく、放射線治療などを行います。ただ鼻血をよく出すようになったり、顔の形が変わってしまったりするなど治療は大変です。

鼻の長い犬種が発症しやすいです。

またタバコの煙が犬の鼻の粘膜を傷つけることによって、鼻水がたくさん出るようになります。それが呼吸を苦しくし、いびきの原因になることがあります。家族にタバコを吸う人がいる場合は、吸う場所など気をつけてくださいね。

痛み止めや精神安定剤を飲んでいると筋肉をゆるめてしまい、気道をせばめてしまいます。たかがいびきと思っても、いろいろな原因が考えられるのですね。

・急にいびきをかくようになった
・呼吸をするのが苦しそう
・大きないびきをかく

このような症状があったら病院に連れていきましょう。いびきをかいている様子の動画をスマホで撮影しておくのを忘れずに!




-犬の体のこと、病気のこと

Copyright© 【いぬなび】犬のための総合情報サイト , 2017 AllRights Reserved.