良い動物病院の選び方

更新日:

予防接種や健康診断、病気の治療などなど愛犬が病院にかかることは意外と多いものです。

動物病院、どこの病院を選んだらいいかわからない。。

という飼い主さんも多いと思います。ネットなどで情報をいくらでも得られると、かえってどうしたらいいかわからなくなってしまうんですよね。

このページでは病院選びのポイントなどを紹介しています。

まずは健康診断で探る

動物病院の選び方
病気になった時に慌てて探すのではなく、健康なときにかかりつけ医を探しておきます。

できれば近所がベスト。何かあった時にすぐに行けるというのは重要です。

健康なときに検便などの健康診断をしてもらいましょう。まずは電話をかけてみて、スタッフの対応が丁寧かどうかをチェック。そしてこちらも丁寧な対応をします。診察をしてもらうのは犬だとしても、結局は人と人とのコミュニケーションが大事になってきます。

実際、病院に行ったら病院内の様子をさり気なく見ておきます。そして、獣医師さんとも世間話を。人となりが少しでもわかると思います。

「先生はペットを何か飼っているんですか?」などを聞いてもいいですね。何かしら飼っていれば動物好きということがわかるはず。獣医さんだからみんながみんな動物好きというわけではないそうです。

良い動物病院とは?

良い動物病院

清潔

建物が古い、新しいは関係なく清潔かどうかは重要ポイントです。使った器具をそのまま放置してあったり、消毒もろくにしなかったり、排泄物のにおいが強いようではだめ。掃除が行き届いていないということは、治療方法も雑な可能性もあります。

病院内でタバコを吸えるようにしてあるところもNGです。

説明が丁寧

昔は病気の説明もなくただ治療をするだけだったと思います。でも今は獣医師が「インフォームドコンセント」といって病状から治療方法まで詳しく説明してくれます。

もちろん、飼い主さんがわからないことをどんどん聞いてもいいんです。質問したことに気持よく答えてくれるかどうかも選ぶポイントに。嫌な顔をしてはぐらかさせるようなら、やぶ医者かも。

治療方法は?治療にどれくらいの期間かかるのか?料金はどれくらいかかる?など気になることは何でも聞いて大丈夫です。とくに予算がある場合は尋ねましょう。恥ずかしがることはありません。他の治療法などを紹介してくれる病院が良い病院です。

緊急時にも対応してくれる

休診日や真夜中に急に愛犬の具合が悪くなったらどういう対応をしてくれるのかもチェックします。休診日や夜中に連絡がとれなくなってしまうのでは不安です。

獣医師が1人でまかなっているところなどでは、どうしても休診日に見てもらえないこともあるかもしれません。でもそんな時に、よその病院を紹介してくれるといいですね。

往診してくれるかどうかも聞いておきましょう。

料金が明確

動物病院の料金は病院ごとに異なります。いきなり高額な料金を請求され、しかも明細をくれないというトラブルもちらほら。

あらかじめ獣医師にどのくらいの費用がかかるのか聞きましょう。おおよその料金を教えてくれるはず。はっきり言ってくれないようなら怪しいかもしれません。

設備が充実

設備が整っていないと十分な検査ができないかもしれません。そのために他の病院を紹介され行くのでは犬にも負担です。それならはじめから設備の整った病院に行ったほうがいいでしょう。

ただ最新設備のある病院は料金が高いことも。逆にあまりに安い料金であれば高度な治療技術はないと考えてもいいです。

こんな獣医師さんはダメだ!

悪い動物病院
テレビに出ていたり、有名だったり、ベテランだったりしても腕の良い獣医師とは限りません。中には信じられないくらいひどい医師もいるようですよ。

よくわからないけど、他に紹介もしてくれない

その病気についてよく知らない、治療もできないのに患者を手放したくないからか他の病院を紹介してくれない医師もいます。

動物にさわらないで機械にたよりっぱなし

体重、体温、触診、視診、聴診は基本。それなのに犬の体に触ることもしないで、検査結果だけに頼る医師もいます。触診すればすぐにわかる病気を見逃してしまうことも少なくありません。

すぐに入院させる

入院させるということは飼い主さんから離されるということなので、犬にとっては大きなストレスです。にもかかわらずすぐに入院をさせてしまうのは金儲けのためなのでしょうか。

動物や人間がきらい

獣医師なのに動物が苦手、人間も苦手なひともいます。相性もありますが、やはり良い信頼関係を築ける獣医師にお願いしたいですね。動物をやさしく扱ってくれるかどうかも重要です。

金儲けに走っている

利益のために医薬品や医療機器などをケチっている獣医師さんもいるのだとか。例えば注射器。プラスチックの注射器は使い捨てなのですが、消毒して何度も使いまわしたり・・・。針は一度使うと先がバリバリになってしまうので、また使おうとするとかなり痛いのだそうです。

また健康な犬を預かるペットホテルを同時に経営しているところも要注意です。スペースがあればいいのですが、健康な犬と病気の犬が同じ空間にいるようなところはNG。入院室の冷暖房をケチっているところもあるのだそう。

口がうまい

いろいろ質問してもうまい具合にはぐらかされたり、ごまかされたりするようでは信頼できませんよね。口コミなどで人気のある獣医師でも腕がない場合もあるので、おしゃべりにだまされないで。

その他

気功で治すといって高い診察料を請求してきたり、ワイロをほのめかしたりする獣医師もいるのだとか。

口コミは100%じゃない!
口コミや宣伝を鵜呑みにしないようにしましょう。散歩中に知り合った犬仲間の知人などからいろいろな情報を得ますよね。でも人によってその獣医師に対する印象はずいぶん変わるはずです。

病院を変わってもいい?


最初に行った病院で納得のいく治療を受けられなかったり、獣医師さんに不信感を持っている場合もあるでしょう。人間の場合も他の病院でセカンドオピニオンを求めることがありますよね。犬の場合も同じで、他の病院に変わる前にちがう病院の獣医師に意見を聞くこともできます。

まずは最初に行った病院で検査結果などをもらい持っていきます。もし結果などを出すのを拒まれたら良い動物病院と言えないかも。

獣医師によって得意、不得意の分野があるはずなので、セカンドオピニオンを聞くことも大切だと思います。
うちの愛犬も白内障でかかりつけの病院へ行きましたが、目の専門家がいる大きな病院を紹介されました。どのような治療をするのがベストなのか相談するようにとのことでした。

なんでもかんでも自分のところで治療をさせるのではなく、他の病院とも連携してより良い治療をさせてくれる病院が良い病院といえるのではないでしょうか。

飼い主さんの病院でのマナー

1.まずは電話で相談しましょう。

病院によってもちがうでしょうが、基本は電話で予約してから行きます。病院で長い時間待つのは犬にとってもストレス。空いている時間を聞くといいですね。緊急時でないかぎり診察時間外に押しかけることはやめてください。

2.待合室ではキャリーに入れてください。

待合室にたくさんの犬や猫がいる場合、興奮状態になるかもしれません。思わぬ事故が起こったり、病気をうつされたりすることもあるので、リードもつけずフラフラさせておくのは絶対NGです。診察に呼ばれるまで車の中で待たせても。

また犬好きな飼い主さんはついついよその犬を見ると「かわい~~」とさわったりしますが、病院だということ忘れずに。

3.要領よく症状を伝えることが大切!

どんな症状があって、それはいつからなのか?体温は?食欲は?下痢や便秘は?などなどメモしておくといいですね。獣医師に同じことをくりかえし訴える飼い主さんもいますが、質問には端的に答えましょう。

知らない場所で興奮してしまう犬の場合は、付き添いの人がもう一人いるといいかもしれません。

4.素人判断をしてはダメ!

素人判断で治療を途中でやめたりすると症状が悪化することも。それを獣医師のせいにされても困ります。

5.料金をふみたおすなんて論外です(-_-)

人間の医療費と違って、動物は保険がきかないので予想を超えた医療費がかかってしまうことも。そのためか医療費をふみたおす人も多いのだとか。モラル不足としか言いようがありません。

保険

ペット保険に入っておこう

犬の誤飲
ペット保険を選ぶポイントは
・入院しなくても通院で治療費が出るもの
・何回病院に行っても保険料が上がらないもの
・最低診療費の制限がないもの

が良いです。
>>おすすめはこのペット保険です

保険金支払いの約80%が通院費用で使われています。
1回の診療費用が少なくても支払われる保険なら、躊躇することなく病院へ連れていけますし、治療費の心配も軽減されます。

-犬の体のこと、病気のこと

Copyright© 【いぬなび】犬のための総合情報サイト , 2017 AllRights Reserved.