太りすぎは危険です!ダイエットで肥満予防

更新日:

最近は犬もぽっちゃり体型が増えましたよね。コロコロした姿はかわいらしくもありますが、やはり太り過ぎは万病の元。適正体重に戻さなくてはいけません。

犬が肥満になる原因はエサの与え過ぎと運動不足。とくに室内で飼っているとついついよけいにおかしを与えてしまったり、人が食べるものをあげてしまったりするんですよね。そしてあまり運動もせず寝てばかりいたら太るのは当たり前です。

肥満はいろいろな病気の引き金になります。病気になってしまうとダイエットはさらに難しくなりますから、飼い主さんが早めに気づいて体重をコントロールしてあげましょう。


肥満にともなう病気

☆椎間板ヘルニア
肥満によって椎間板に負担がかかるのが要因。ダックスフンドはかかりやすいと言われていますが、その他の犬種でも注意して。

☆糖尿病
原因はいろいろありますが、内臓に脂肪がたくさんつくと発症しやすいと言われています。

☆関節炎
体重が増えることで関節にも負担が増えます。

☆膝蓋骨脱臼
ひざのお皿が外れやすい状態。後ろ足に負担がかかることで発症します。小型犬に多いです。

☆心臓病
大きな体に血液を送り続けなければならないので心臓に負担がかかります。小型犬の場合は心臓弁膜症の発症リスクが高いのでとくに注意。

☆気管虚脱

首周りに脂肪がつくと気管が圧迫され、呼吸がしにくくなります。とくにパグなどの短頭種は要注意。

その他にもさまざまな病気との関連性が考えられています。老化も早まりますし、それによって寿命も短くなります。

また病気が原因で太っていることも。甲状腺機能の異常や避妊や去勢手術によるホルモンバランスの乱れ、脳の障害などは肥満を引き起こします。食事の量や内容を変えていないのに、急に太ったなと感じたら、獣医師に相談を。

摂取カロリーが消費カロリーよりも多いと、余分な分が体に貯えられて肥満になります。適量を食べて、適度に運動をしていれば、基本的には肥満になることはありません。

食事の管理と運動でぽっちゃり体型をスリムな体型に戻してあげましょう。

肥満予防のためにできること

[icon image="point1-1-p"]食事に時間をかけさせる

食事に時間をかけることで満足感や満腹感を得やすくなります。そのために早食いを防ぐ工夫をしましょう。

・早食い防止用のフードボウルを使う(ボウルの中が複雑な形になっていて、一気に食べることができなくなっている)

・コングで与える(コングとは中にエサやおやつを入れられるおもちゃのこと。取り出すのに時間がかかる)

・ペットボトルで与える(フードがやっと出るくらいの穴をあけたペットボトルにフードを入れ与える。転がさないと出てこないので運動にも)

・1回分の量のフードをトレーニングをかねてひと粒ずつ与える

[icon image="point1-2-p"]食事の回数を増やす

1日1~2回だった食事の時間を5回くらいに増やします。小分けに食べさせることで犬の満足度がアップ。

動物は食事をすると代謝が上がって体脂肪が燃やされます。何回かに分けることで代謝がアップしている時間がのび、太りにくい状態が続きます。

[icon image="point1-3-p"]おやつには気をつけて

トレーニングをするときに高カロリーのおやつをあげていませんか。クッキーを1枚くらいなら大丈夫と思っても、小型犬にしたら人間がハンバーガーを1個食べるのと同じくらいのカロリーになることも。

人が食事をしている時についねだられて、少し与えてしまうこともありますよね。でもそれが肥満の原因になっているんです。家族全員に協力してもらいましょう。なかなかいうことを聞いてくれず、陰でこっそりあげてしまう人には、「このままでは死んでしまう!」とおどしてみては。

おやつをあげたらその分食事を減らすのを忘れずに。でもおやつばかりで肝心な食事が少しだけだと栄養バランスがくずれます。おやつはほどほどに。

トレーニングのごほうびは食事の一部であるフードをあげても良いですね。

[icon image="point1-4-p"]食事の量と内容

まずは食事の量を5%減らしてみましょう。犬が満足せずもっと欲しがるようなら、かさ増しのためにゆでた野菜やおからを混ぜても◎。

また「鉄腕ダッシュ」で紹介されていた寒天ゼリー(人参や大根などの野菜と鶏のささ身を細かく刻んで煮込み、寒天を加えてゼリーにしたもの)を食事に混ぜている人も多いようです。

ただ極端に食事の量を減らしてしまうと、犬にとってはストレスに。それだけではなく栄養が不足して、よけい代謝が悪くなる場合も

ダイエットフードもいろいろありますが、糖質が少なめの物を選ぶのが正解。ドッグフードの表示をみても糖質は書かれていないのでタンパク質の量を参考にしてください。タンパク質が50%以上のものがおすすめです。

糖質が太る原因になるのは、糖質が腸で吸収されたあと、血糖値が上がるから。血糖値を下げるためにすい臓からインスリンが分泌されますが、インスリンはブドウ糖を脂肪に変えてしまうんです。その脂肪が体に蓄積して太ることに。

市販の安いフードは、犬のおなかをいっぱいにするためにほぼ穀物で作られています。本来、犬は穀物を食べる動物ではありません。肉食なので炭水化物いっぱいのドッグフードは肥満の原因になります。
【参考】グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードランキング

またネットでさまざまなダイエットフードが販売されていて、自己流のダイエットをしている飼い主さんが多いですが実はあまり効果が無かったり犬の負担になってしまっていることもあるのだそう。

ダイエットフードの利用は本来は獣医師の処方がいるもの。与える量や期間が決まっているのに、それを守らなければ犬の内蔵に負担がかかってしまいます

自己流でダイエットをするのに比べて、医師の指導のもと行う場合は成功率が10%も高いんです。まずは獣医師に相談して見ることがダイエットの一番の近道ですよ。

[icon image="point1-5-p"]運動はほどほどに

1日1回以上の散歩などは重要ですが、運動をたくさんすればいいっていうものでもないんです。とくに太りすぎている犬の場合、運動することで足腰にそうとうな負担がかかってしまいます。また坂や階段は腰にくるので平らな道を選んであげて。

プールで泳がせるのもいいのですが、肌がぬれるのは犬にとってあまり良くありません。泳いだあとよ~く乾かせればいいのですが、そこまで気を使ってあげない飼い主さんが多いです。濡れたままだと皮膚の免疫力が落ちてしまい皮膚病にかかりやすくなります。

愛犬が肥満かどうかをチェックしましょう

愛犬が肥満だということを気づいていない飼い主さんも意外と多いのだとか。病院で検診を受けましょう。春の予防接種の時期は病院も混み合っていて、獣医さんも忙しいので次回を予約するといいかもしれませんね。

病院では体重だけでなく、筋肉のつき方や脂肪のつき方までもチェック。「ボディ・コンディション・スコア(BCS)」という基準で判定してくれます。

理想の体型は体脂肪率が15~25%。助骨がうすい皮下脂肪でおおわれていて、触れば助骨がわかる状態。上から見ると腰がゆるやかにくびれていて、横から見ると腹部はつり上がっているのがわかります。

自宅でチェックする場合は、腹部のヒダをみましょう。犬の後ろ足の付け根にたるんだ皮の部分がありますね。このヒダを触って少し伸ばすことができれば肥満ではありません。でももしパンパンなら肥満かも。簡単にわかる方法なので、さっそくやってみて。

またがに股で歩いていたり(股ずれができている)、体重が支えきれずお姉さん座りになっていたり、散歩に行きたがらなかったら肥満を疑います。

最後につらい思いをするのは犬です

昔、実家でメスの雑種を飼っていました。本当におとなしい犬でみんなに可愛がられていましたが、同時におやつもよくもらっていました。そのため見事にメタボ犬。病院の先生にも「少しやせないと心臓に負担がかかるよ」と言われていましたが、なかなか体重を落とすことはできませんでした。犬のダイエットは人以上にむずかしいんですよね。

でも結局、最後は太り過ぎで歩くのもやっとな状態。そしてがんになって死んでしまいました。かわいがられてはいましたが、犬の体は悲鳴をあげていたはず。犬も辛かったでしょう。本当に後悔しています。みなさんも愛犬が太りすぎてしまう前に、食事や運動で体重コントロールをしてあげてくださいね。
 

穀物不使用のドッグフードランキング↓↓↓

 
 
 




-犬の体のこと、病気のこと

Copyright© 【いぬなび】犬のための総合情報サイト , 2017 AllRights Reserved.