犬が吐く理由とは?

更新日:

犬が吐く原因
犬は人間よりも吐きやすいと言われています。食べ過ぎだったり、消化不良だったりすると吐いてスッキリさせるのですね。

吐いたのは1度だけ、そしてその後、食欲も元気もあるのなら様子をみましょう。もしひんぱんに吐いていたり、他の症状などもあれば何かの病気の可能性も。病院へ連れていきましょう。

また「吐く」と言っても3種類あるんです。どのパターンなのか確認してくださいね。


嘔吐?吐出?それともせき?

嘔吐

犬 嘔吐
吐いたものに胃液が混じっていて、食べたものが消化された状態であれば嘔吐です。

【原因】
胃や腸に原因があると思われます。

胃や腸内の異物

石ころやおもちゃのかけらなどを飲み込んでしまって、それらが排泄されず胃や腸に詰まってしまう場合があります。いずれうんちといっしょに出るだろうと楽観視してしまう飼い主さんも多いのですが、必ず排泄されるとは限らないんです。

異物が胃の中にある場合は、それほどひどい症状が出ないことも多いのですが、腸をつまらせてしまうと激しい嘔吐や腸閉塞を引き起こし死んでしまうケースも。しかもb redhutoaka">飲み込んでしまってから何年も経ってから急に症状が出ることもあります。「何か飲み込んだ?!」と思ったら迷わず病院へ。

腫瘍

消化器系や胃に腫瘍があると嘔吐の症状がでることがあります。胃がんの場合は急性胃炎や胃腸炎と間違われることも。進行してしまうと吐血したり、体重が急に減ったり、うんちが黒くなったりします。

腫瘍がどの部分にできるかで症状はちがいますが、嘔吐以外にも元気がない、食欲不振、下痢、排泄しづらいなどの症状があらわれたらすぐに診察を受けてください。悪性の場合は早期発見と早期治療が大切です。

胃拡張・胃捻転

胃の中にガスが発生して胃がパンパンにふくらんでしまう状態が胃拡張。そして胃がねじれてしまうのが胃捻転です。食べ過ぎや食事の後、水をたくさん飲んで激しい運動をすることで引き起こされることが多いです。とくに大型犬に発症しやすいと言われています。

胃捻転をおこし、胃の入り口がふさがってしまうと吐くことすらできず、よだれをダラダラと垂らしながら苦しみます。放っておけば死んでしまうのでとにかく早く病院へ!
胃拡張・胃捻転

再発することも多いので、エサをガツガツ食べる犬には一度にたくさんのフードを与えず、何度かに分けると良いです。胃からスムーズに食べ物が送り出されないことも原因になるので、一度検査してもらったほうが安心です。

伝染性疾患

レプトスピラ病・カコニーラ病、伝染性肝炎、レプトスピラ・黄疸出血症、パルボ・ウイルス感染症など。嘔吐の症状のほか、高熱や下痢なども見られます。これらの病気はワクチンで予防できるので受けておくべきでしょう。

腎不全

腎臓の75%以上が機能しなくなってしまった状態。尿として体から毒素を出すことができなくなってしまうので、やがて臓器に障害がでて死に至る病気です。急性と慢性がありますが、慢性の場合は何年もかけて悪くなっていきます。

嘔吐以外に、ぐったりする、呼吸が荒い、体重減少、食欲低下、口臭、便秘などの症状がでます。
ぐったりする

子宮蓄膿症

子宮内に炎症が起こりうみがたまってしまう病気。発情しても妊娠をしないことが何度も繰り返されると、子宮内膜の抵抗力が落ちてしまいます。そこへ細菌などが入り込み、炎症をおこすのです。

陰部からクリーム色のうみが出る、お腹が張る、多飲多尿などの症状もでます。不妊手術をすれば防げるので、繁殖を望まないのであれば早めに手術を受けさせましょう。

中毒

中毒
犬にとって体に良くない食品はいろいろあります。よく知られたものは玉ねぎなどのネギ類。でもそれ以外にもたくさんあります。また、散歩の途中で殺虫剤や除草剤のついた草を食べてしまったり、家庭にある洗剤などを食べてしまうことで中毒になる事故も多いです。
参考犬に食べさせてはいけないもの
吐く前の犬の行動をよく思い出してみましょう。なにか問題のあるものを食べてしまったとわかれば病院へ持参してください。何の中毒かが特定されればそれに対応する処置ができます。

炎症

炎症が原因のケースが一番多く、毒物や薬物をあやまって飲んでしまったときや、パルボウイルス感染症、アレルギー性の胃炎、膵炎、肝炎、腎炎などさまざま。

最近多くなっているのがアレルギー性の胃炎です。フードの中にアレルギー物質が入っていると、胃壁が反応して炎症をおこします。人間もそうですが、犬もアレルギー体質の犬が増えているのですね。低アレルギー食に変えるなどしましょう。
参考無添加のドッグフードランキング

吐出

食べたものをすぐに吐き出す、吐いたものをまた食べる場合は吐出と言います。嘔吐の時とはちがい、胃に行く前に吐き出されるので未消化の食べ物が出てきます。嘔吐は下をむいて吐くのに対して、吐出は前に向かって吐くという特徴も。

【原因】
食道に異常がある場合が多いです。

異物がふさいでいる

うっかり飲み込んでしまったものが食道につまってしまうことがあります。犬はよく噛まずに飲み込んでしまうことが多いのも原因。とくに食欲旺盛で、やんちゃな子犬は要注意。犬用のガムや骨のかけら、竹串などが多いそう。中にはりんごのかけらが詰まってしまう犬もいます。

取り除くには内視鏡で胃へ押し込むか、取り出すか、あるいは食道を切り開く方法があります。

飼い主さんの不注意が原因のこともあるので注意が必要です。

食道狭窄

食道の一部が細くなっている状態。骨や枝などによって傷つき、食道の粘膜や筋肉が縮まることが原因。あるいは食道の外側に腫瘍ができることでもなります。

巨大食道症

食道の筋肉がゆるんでしまって食べ物が胃の方へ送られない病気。先天性のものと後天性のものがあります。

せき

せきこんでいて思わず吐いてしまったのかもしれません。吐く前に「グエッ」などとあえぐようなしぐさがみられたら咳の可能性があります。

【原因】
胃拡張・胃捻転
フィラリア症

シナハマダラカやコガタアカイエカなどの蚊が寄生虫を媒介する病気です。フィラリアは犬の体内でそうめん状に成長し肺動脈をつまらせます。そのため咳き込むように。

フィラリア
薬を使って治療することはできますが、予防が大切。室内で飼っているとしてもフィラリア予防は欠かせません。

その他の原因

その他の原因

  • 頭をうつ
    どれだけのダメージがあったのか、打った部位はどこなのかで症状は異なりますが、発熱、嘔吐、食欲不振、真っすぐ歩けない、意識の低下、けいれんなどの症状が出ることがあります。

    頭を打ったときは、何も症状がなくても最低24時間は観察したほうがいいでしょう。それでとくに変わりもなく元気であれば大丈夫なようです。

  • 日射病、熱中症
    屋外で飼っている犬や真夏の散歩、エアコンのない部屋での長時間の留守番、車内に放置、肥満の犬などは注意が必要。犬は体温を下げることが苦手なので暑さに弱いです。

    嘔吐以外にも元気がなかったり、食欲不振、よだれ、下痢、けいれん、呼吸があらいなどの症状も。
    参考犬の暑さ対策のページ

  • 胆汁嘔吐症候群
    胃へ胆汁が逆流することと胃の運動障害が併発することで、胃粘膜が胆汁に長時間さらされることが原因ではと言われています。

    空腹時に吐くことが多いので、食事の回数を増やしたり、寝る前に少しフードを与えたりすることで改善する場合も。またイモ類など腹持ちの良い物を与えてもいいかもしれませんね。

  • フードが合わない
    フードに使われている油分が合わなくて吐いてしまう犬も。フードを切り替えたときであればその可能性も。フードによってアレルギー症状をひき起こす犬も増えているので、フード選びは重要です。
  • 車酔い
    どこへ連れて行かれるのかという不安や車の振動、車内のにおいなどで気持ちが悪くなってしまう犬も。いきなり長時間のドライブに連れて行くのではなく、まずは車に慣れるところから。

    嘔吐だけでなく、しきりにあくびをしたり、ソワソワしたり、震えたり、吠えたりします。

  • ストレス
    家の近所で下水の工事があったときに、毎日のように吐きつづける犬もいます。ちょっとした振動や音がストレスになったのかもしれません。その工事が終わったら嘔吐も止まったそうです。

病院へ連れて行く前に、これだけはチェック

直前の行動を把握(何か変なものを食べていないかな?)

食べてからどれくらいの時間が経っている?

吐いたものは消化されている?

色は?(嘔吐の時は胃液や胆汁が混じるために黄色や茶色いものが混じる)

飲み込みづらそう?(異物が使えていないか)

頭を振ったり、よだれを垂らしていない?(異物がつまっていると苦しくて頭を振ったりせきをしたりする)

吐く以外の症状は?

病院へ行くときはどれだけの情報を獣医さんに与えられるかが重要です。吐いたものを持って行ったり、写真に撮ったりすると診察や治療の助けになります




-犬の体のこと、病気のこと

Copyright© 【いぬなび】犬のための総合情報サイト , 2017 AllRights Reserved.