犬の防寒対策

更新日:

童謡の「雪やこんこ~ あられやこんこ~・・・」のイメージからか猫は寒さに弱く、犬は強いと思われがち。でもすべての犬がそうとはかぎりません。
犬の防寒対策

寒さは風邪などの病気の引き金にもなりますので、犬の寒さ対策もしてあげてくださいね。


寒さに強い犬種、弱い犬種

寒さに強い犬種は、大型犬や北国原産の犬、柴犬などの日本犬と言われています。
寒さに強い犬

ただ日本の場合は冬の寒さ対策だけではなく、夏の蒸し暑さにも耐えなければなりません。外国種よりも日本の犬のほうが適応力があります。とくに新潟のように、豪雪地帯だけれど夏の暑さもハンパないようなところで屋外で犬を飼うのなら、柴犬がおすすめ。強く長生きできます。

シベリアンハスキーなども寒さには強いのですが、冬の日照時間の少なさや湿気の多さは苦手なよう。

逆に寒さに弱い犬種は、毛が短く南国原産の犬。小型犬も苦手ですね。チワワやマルチーズ、ミニチュアダックス、ミニチュア・ピンシャーなどなど。
寒さに弱い犬

もともと寒さに強い犬でも、室内で快適に過ごすことが多いと体温調節ができなくなってきます。あまり過保護に育てても良くないのかもしれませんね。

それと病気の犬や子犬、老犬も体温調整ができず体調をくずしやすいのでとくに注意が必要です。

寒がっているサインは?

  • プルプル震えている
  • 背中を丸めて頭と手足をくっつけ丸まって寝ている
  • 散歩に行きたがらない
  • 水をあまり飲まない

水を十分飲まないと泌尿器系の病気にかかりやすくなります。キンキンに冷えた水ではかわいそうなので、ぬるま湯にしましょう。

室内犬の防寒対策

ケージやベッド

ケージを置く場所は直射日光があたる場所はさけます。天気が良い日は犬にとっては暑くなりすぎてしまうことも。

ケージと壁の間にダンボールを挟んだり、毛布で覆ったりします。

ベッドとして毛布やフリース素材のものを。これだけでもかなり暖かいと思いますが、夜間でしたら犬用のヒーターや湯たんぽを入れてあげても喜びます。

暖房器具

ヒーターを使うときはコードをかじられないようにしてくださいね。湯たんぽはレンジでチンする簡単なものもありますし、ペットボトル(ホッと専用)にお湯を入れてタオルでくるんだものを代用することもできます。

人間の暖房器具を使うときは加湿もしましょう。空気が乾燥すると、鼻やのどの粘膜が傷つき、そこから細菌がはいって風邪をひいたりします。くしゃみや鼻水がしばらく続くようであれば病院へ。

犬の暖房

ファンヒーターやストーブなどを使用するときはまわりを柵で囲うなどの安全対策も忘れずに。

また冷たい床に寝そべっていたり、やたら水を飲んだり、ハアハア舌を出して呼吸をしていたら暑すぎるのかもしれません。人間が心地よいと思う温度では犬は暑いと感じます。

ずっと暑いくらいの環境にいると、一年中毛が抜けたり、体温調節ができない犬になってしまいます。

屋外犬の防寒対策

犬小屋

下にダンボールやお風呂マットをしいてから毛布などをしくと下からの冷気をだいぶ防げます。すきま風が入らないように補修もしてあげましょう。風が吹き抜けない位置や日光がよく当たる位置に動かしたり、犬小屋の入り口にビニールのカーテンをつけてもいいですね。

小屋全体をダンボールやアルミシートで囲むとさらに暖かいです。湯たんぽも入れてあげましょう。

普段は屋外で飼っていても、冬は夜間だけ玄関に入れてあげる飼い主さんも多いですね。

フードと水

フードもお水も凍りそうなほど冷たいものを出すのはかわいそうな気がします。フードはレンジでチンしたり、お湯や温めたミルクを加えても。

それから冬は食欲が旺盛になります。寒さに耐えるために皮下脂肪を蓄えるからです。夏に比べて2割ほどフードの量を増やし肉類や卵を加えましょう。ただ体重が増えすぎて肥満にならないようにときどきは体重のチェックを。

散歩

「寒いから散歩になんて行きたくな~い、休んでしまおう」と思ってしまう日もありますよね。でも犬にとって散歩はとっても楽しみなもの。台風が近づいているなど、よっぽどの天候でないかぎり毎日散歩に連れていきましょう。

冬はよく食べるので運動をしないと太ってしまいますよ。

どうしても短時間で済ませたいときは広い場所に連れて行って、リードを長くしておく方法でもかまいません。そこである程度自由に歩くことができれば短時間であっても満足してくれるかもしれませんね。

冷たいアスファルトの上を歩いて足が冷たくないのかな?

・・と心配になりますが、犬は凍傷になりにくいんです。

肉球にはたくさん血管があって冷たい血液と温かい血液がすぐに入れ替わるので、人間のようにいつまでも「足がつめた~い!」ということにはなりません。

そうはいっても雪道を何時間も歩いたら足も冷えます。長い時間の散歩ではなく、短時間のを何度かに分けてもいいですね。

また、屋内と外の温度の差が大きいと、気管支をいためます。いきなり温かい部屋から外に飛び出すのではなく、玄関などで一度外気にふれさせ体を慣らせましょう。とくに鼻ぺちゃな犬種は気温の急激な変化で呼吸がしづらいのかフガフガしてしまいます。

小型犬や毛の短い犬は寒さが苦手なので散歩の時は洋服を着せましょう。雨の日はレインコートを着せます。

冬の散歩はつらいから犬をルームランナーで歩かせよう・・・なんて人いませんよね?散歩は歩くことだけが目的ではありません。においを書いだり、景色をみたり、さまざまな音を聞いたりと刺激を受けるためでもあります。飼い主さんが面倒だからと、犬から楽しみを奪わないでください。

病気の犬や老犬、あるいは吹雪などでどうしても散歩にでられない時はせめて日光浴をさせてあげましょう。窓辺に連れて行って光を浴びさせます。

ケア

肉球のケア
肉球や耳など肌が露出しているところはしもやけになりやすいです。散歩から帰ったらお湯で足を拭いてやり、毛をよく乾かしましょう。

肉球や耳だけでなく寒いと体全体の血行やリンパの流れがとどこおりがちになります。ブラッシングやマッサージなどで巡りをよくしてあげましょう。




-犬の体のこと、病気のこと

Copyright© 【いぬなび】犬のための総合情報サイト , 2017 AllRights Reserved.